みっかぼうず

パンのミミ

昨日の朝、チーズトーストを食べていた時の会話。

ばーちゃんがなにやらモグモグ。
それを見ていた長女ちゃん。
長女 「ばーちゃん、何食べてるの?」
ばーちゃん 「パンのミミだよ。」
長女 「それさ、タロちゃん(犬)にあげればいいじゃん。」
    「!!! 長女ちゃん、あげてくる!!」

ばーちゃん 「手 食われないように気をつけるんだよ~」

※タロちゃんは、大人しい犬です。

事の次第を聞いていた、長男くん
長男 「それなら、(ミミを)なげればいいよ!」

長女 「それじゃあ、可哀想だよ~。」

長男 「殴るんじゃなくて、投げるんだよ~」

長女 「あっ (・_・;) 間違えちゃった。」

ママ、ばーちゃん 微笑。

長女ちゃん、笑われた事に対して、ちょっとショックで、顔引きつる。

ママ 「聞き間違えちゃったのね。 ママも良くあるよ!」

長女ちゃん、ちょっと気を取り直す。 

f0169659_8404076.jpg


可哀想だよ~といった長女ちゃんの 声色が 本当に同情を誘うような感じでした。
[PR]
by ynymk_1205 | 2008-09-02 10:32 | 子供
<< 実りの秋を前に… あさがお咲いた(53) >>